大好きなコメディアン植木等。私は彼が亡くなった時に葬儀に行こうと決心し、会社を抜け出して青山葬儀所に行きました。たくさんの参列者の中でなぜかNHKのインタビューを受けたことを思い出します。「植木等さんが亡くならましたが、どのようなお気持ちですか?」「私は歌や映画をとても楽しみ、いろいろいい影響を受けました。居ても立っても居られない気持ちで今日ここに来ています」

植木等の歌、『しょぼくれ人生』の歌詞に「もっとでっかい事、何故出来ぬ」というフレーズがあります。

毎日の仕事やプライベートな時間を振り返るとこの歌詞にハッとさせられます。

ともすると目の前のことに追われて夢に向かっている時間がほとんどない。皆さんはそんなことはありませんか?

この歌詞だけではわからないと思いますが、
植木等の映画を見ると、彼が演じる主人公は大きなあり得ない目標に向かって失敗しながらもチャレンジし続けてやがて大きな運をつかむ。そんなストーリーが多いように思います。

実力もないのに大きなことは急にできません。
「もっとでっかい事、何故できぬ」を私は「でっかい事を忘れずに、日々それに向かって努力しよう!」ということと読み替えています。逆に言えば、「小さいことでもでっかい夢につながることならどんどんやろう!」
です。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
IMG_2720