毎日のコロナウィルス関連の報道を見ていると、日本という国の想像力とチャレンジ精神、自発、自律力などが衰えていたことを実感します。

なぜPCR検査が増えないのか?

なぜこんなに少ない患者数で既に医療崩壊なのか?

病院が足りなくなるのは、だいぶ前から分かっていたはずでは?

こんな疑問が解決されません。


私たちも地方創生の関係で公務員の方とお会いすることが多くなりましたが、
予算の計上と消化、決められたことをやれる範囲でやるだけで仕事をしている人がいるように感じます。

(そういう観点では、内閣府のプロ人材戦略は画期的な仕事です。素晴らしい発想です。そして全く新しいことに立ち向かったプロ人材拠点の方の仕事ぶりも素晴らしいと思います。)


つまり、臨機応変な対応にまったく慣れていないようです。

硬直化しており、自分で打破しようとしません。

多分、「自分の立場ではそんなことはできないし、やるべきではない」
と考えている公務員がいるのだと思います。
よく言われる「指示待ち」であり「前例がない」です。


何とかしようと考える人がいても、上司に抑えられるのでしょう。

上司の仕事が増えるし、判断もつかない理由で。


しかし、私たち民間、特に中小零細企業は、そんな人間の集まりでは
1年持ちません。

正しいか、間違えているか、前例があるかないかの議論より、全員がまずは動いてみる。
そしてその途中状況を現場から意見とともに聞き、現場でできる修正はすぐ反応する。
リーダーは引くか攻めるかも含めて、その都度方向を修正する。

これを高速で回転することが必要です。
そして、やるときは一致団結する。


今まで私たちが大企業で教わってきた仕事のやり方は、中小零細企業では
必ずしも正しくありません。

VUCA」(不安定、不確実、複雑、曖昧)の時代には、OODA(観察、適応、決定、行動)が大事だと私は「働かない働き方改革でいいのか?」(平成出版)の著書で皆さんに伝えています。


これからの中小企業は、OODAサイクルを全員がその持ち場でできること、どのリーダーもその体制が高速で有効に働く組織を作ること、これが生死を分けます。


テレワーク化にあって、指示待ちをしているような社員がいる会社は滅びます。

どんどん出現する問題に自ら対応していかなければならない。


【上司の指示待ち】→【あれこれもっと細かな指示を要求】→【自分の都合に合わないと反対】
→【やりたくないことを嫌々やっているから成果もでない】

こんなSSHO(指示待ち、指示待ち、反対、成果0)ループでは、中小企業の社員にはなれません。


新しい問題が起き、自分では判断がつかないときは、

「どうしたらいいか指示を出してください」ではなく、

「こうすればいいかもしれない」と一歩適応させるアイデアを出して上司に
相談することが大事です。


今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

F2087249-475E-4692-9846-DF2309A00C21