昨日初めて大井町にある品川区立の品川歴史館を訪問しました。

品川区民でも過去品川区に縁があったわけでもありませんが、約一月ほど前、京浜急行電鉄の中吊り広告で特別展示の「品川産業事始」の写真を見て大変驚き、「これは自分の人生にとって大切な振り返りになる」と思ったからです。

その広告の写真にはなんと私が過去勤務していた会社『品川白煉瓦』の耐火煉瓦がメインに写っていたのです。

実際に展示を見ると、『SHINAGAWA』の刻印のある耐火煉瓦とともに、初めて目にする明治当時の地図に大きな品川白煉瓦の文字が!そしてなんと工場の写真まで!確かに名前の通り品川に「品川白煉瓦」は存在していました。

ここで作られた耐火煉瓦は明治時代の鉄や非鉄、ガラスなど、近代化に必要な素材を造る炉の材料となり、また、皆さんご存知の東京駅の赤煉瓦や後に戸越に運ばれて「戸越銀座」の名前の由来になる本家本元の銀座通りに敷かれていた煉瓦となりました。

私はここに大学卒業から12年間勤務し、今でも懐かしさばかりでなく、諸先輩から教わった品川魂を感じ、それをベースに本を執筆しています。

まさに私のビジネス精神の生みの親のような存在です。

秋晴れの爽やかな空気の日曜日、一人訪問した品川歴史館。

私の心にも晴れやかな気持ちとともにどこか懐かしく少し秋の寂しさも感じる時間となりました。

写真は館員の方に頼んで記念撮影です。指先に写ってるのが品川白煉瓦製の耐火煉瓦です。


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image