人とキャリア、会社と人材の仕事に関わってもう20年近くになります。

自分自身が、まさかこの仕事で存在する価値を見出し、自分の居場所を見つけることになるとは思いませんでした。

偶然が重なり、人の縁が思わぬ成果となり、時代の波に翻弄されながらも、なんとか形にしてきました。

仕事を通して自分が成長したことに疑いはありません。私にとって仕事が人生の軸になっていると思えますし、そうでなかったことを考えてみると恐ろしく悲惨な人生も十分あり得たと思います。

過去を振り返ると順風満帆とは言い難く、とても仕事で辛い時がかなり永く続きました。自信を失いかけ、仕事を変えることも考えたことがあります。

「これ以上の神様からの仕打ちはもう無いだろう」そう思う最中にまたしても新たな困難が押し寄せてきたことも何度もありました。「自分に非があるのか?どこが悪かったのか?何を注意したらこの困難は防げたのか?」こんなことを考えましたが、ほとんどが自分ではどうしようもないと思われる不運でした。正確に言えばその選択しかあり得ない決断を続けた結果の不運であり、どう考えてもその選択をしなかった場合はもっと大変な事態となっていたと思われることの連続でした。

運命について深く考えたのはそんな時でした。

人は何かの見えない、感じることができない不思議な力に影響されているのではないか?

そこに自分なりの答えが欲しい。

そう思って考えました。

こんな話を何回かに分けて書こうと思っています。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ


IMG_0741