運の定義を敢えて簡単に言えば、自分には意図しない良い事や悪い事が突発的に起きることだと思います。

私の解釈では、それは自分でコントロール不可能な「絶対的な運」と自分に何か関係がある「引き寄せ運」の両方に関連します。

絶対的な運は、例えば2日連続して電車で人身事故が起きて遅刻したとかです。
これはあなたにはなにも因果関係がありません。
もし、もっと早く出勤していたらなんて考えても意味がありません。

それに対して引き寄せ運は、「先週の仕事のプレゼンが認められた」、「家族を動員して応募した商店街のクジに当たった」などです。
もちろん良いことだけでなく、悪い場合もあります。

引き寄せ運は自分の意志や行動に何かしら関係しています。
その上で偶然の影響もあるのです。

引き寄せ運を良くする方法は今までもいろいろ書いています。

残念ながら、どんな場合でもこれをすれば大丈夫という安直なものはありませんが、対処のしようはあります。

「災い転じて福と為す」は誰にでもあり得ます。

どうせ未来がわからないなら大逆転を狙うのです。

その気持ちが因果関係となり思いもかけない良い結果につながるのです。

一発大逆転を狙って、そうならない時のショックが大きいから何もしないなんてバカげてます。

何もしないと、何も起きないか、あるいは究極の引き寄せ運の高い偶然性に期待するしかなくなります。

いいじゃないですか、失敗しても。

とにかく一発大逆転を狙ってみてください。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村


IMG_3067