社長ブログ ブログランキングへ

人生と仕事のコンサルタント 【海老一宏】のブログ「活躍し続ける3%のビジネスマンを目指そう!」

このブログはビジネスマンとして人から尊敬され、目標とされる3%の人になるためのブログです。自分の人生を仕事を通して自分で切り開くことの大切さを基本にして、自分をどう見せるか、人や環境や情報をどう上手く利用するかについて、さらに他力的な思考から自力的思考への気持ちの変化を促すように書いています、最終的には「これが自分の仕事だ」「自分の人生だ」と言えるオンリーワンキャリアを手に入れることの大事さと考え方をお話ししたいと思います。基本的なところがおろそかになっていては、一流のビジネスの世界では相手にされません。顔の見えるリアルなビジネスの世界はなんでもありでは通用せず、常識や暗黙のルールが存在しています。そのルールを見につけて、さらに自分なりに変化をさせて自分を高めて行ければと思います。

2016年06月


私は仕事でもプライベートでも、何か頼まれたら良い意味で期待を裏切ることを続けています。

頼んだ相手の驚き、感心する顔が見たいというのもありますが、相手の期待に応えられないのは、自分に負けたような気持ちがするのです。さらに、相手がいると自分一人で決めた目標と違い、モチベーションが格段に違います。限られた能力や時間の中で何から何までは頑張れません。だから相手からの依頼の時にはなんとか特に頑張って期待を超えてみたいと取り組みます。

いつからそれを続けているかと思い返すと、サラリーマン時代の27歳ぐらいに遡ります。

そういう努力の結果をは相手は忘れているかもしれませんが、私は覚えています。そしてそれが自分を伸ばしてきたんだと思えます。

相手の期待を良い意味で裏切るためには、まず、その意志を持つことです。そして機転を利かせることとスピードも大事です。

スピードに関して言えば、どんなに内容が良くても先方の期待の納期に間に合わないならアウトです。

内容に自信がないならせめて「すぐやる!」ことから始めてみてください。


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image

2013年の4月より、65歳までの雇用延長がすでに義務化されています。これは、定年制の廃止、定年後の再雇用、定年の延長のいずれかを企業が選択して制度化することになります。実際には経過措置が決められており、雇用者の完全な65歳雇用義務化は2025年の4月からとなり、現時点では62歳が義務化されています。

こうした中で大企業の中でいよいよ65歳を定年とする企業が出てきました。

例えば、ホンダやみずほFGなどがニュースになっています。

2012年の法改正では、「雇用延長を希望する者」となっているために、恐らく65歳定年制の企業も希望しない者は60歳で定年を迎えることも可能な制度になっているものと思われます。

企業と個人にとってこの65歳の定年制はどう影響していくのでしょうか?

今後の企業の取り組みを注意してみていく必要があります。

何故なら、これは単に雇用や年金問題だけでなく、企業の人事制度や生産性、そして個人の人生や日本人の文化、生活にも影響していくからです。

少子高齢化の日本にプラスになることを期待したいものです。


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへimage

↑このページのトップヘ