社長ブログ ブログランキングへ

人生と仕事のコンサルタントブログ 【海老一宏】の「活躍するビジネスマンを目指そう!」

このブログはビジネスマンとして人から尊敬され、目標とされる3%の人になるためのブログです。自分の人生を仕事を通して自分で切り開くことの大切さを基本にして、自分をどう見せるか、人や環境や情報をどう上手く利用するかについて、さらに他力的な思考から自力的思考への気持ちの変化を促すように書いています、最終的には「これが自分の仕事だ」「自分の人生だ」と言えるオンリーワンキャリアを手に入れることの大事さと考え方をお話ししたいと思います。基本的なところがおろそかになっていては、一流のビジネスの世界では相手にされません。顔の見えるリアルなビジネスの世界はなんでもありでは通用せず、常識や暗黙のルールが存在しています。そのルールを見につけて、さらに自分なりに変化をさせて自分を高めて行ければと思います。

2016年09月

今日の午後からのプロフェッショナル人材戦略の講演の前に時間があったので、念願の長崎市内を少し歩こうと昨日の夜から決めていました。

とはいえ三時間くらいしかないので、どこかに絞らなければいけません。
朝起きてホテルの部屋のテレビに観光案内のスライドがあったのでいろいろ検討しましたが、やはり、原爆資料館と平和公園は外せないと思いました。

講演の前にあまり重苦しくはなりたくないと思いましたが、原爆資料館を見て、晴天の中にグラウンドゼロの地点にある真っ黒に輝く御影石の下に立つと、一瞬で7万もの人間が消えてしまったことがなんとも実感が無く、ただ、汗をかきながらこの真上500メートルで炸裂した原子爆弾が確かにあったんだとあえて念じながら、しばしたたずんでいました。気持ちは重苦しくどころか澄み切った青空のようでしたが、はたしてどうしてかはわかりません。あまりに美しい静かな公園の雰囲気と心の底にある生の実感がそうさせたのでしょうか。

それにしても長崎はいいところです。

2日かけても見切れないほどの観光スポットがあります。

今回は明日早朝には佐賀に移動しますので、グラバー邸や亀山社中記念館、出島跡などを見る時間はなさそうですが、またゆっくり観光で訪れるたいところだと思いました。

路面電車は私が中学生の頃仙台市内を走っていましたが、長崎の路面電車はなんと120円。しかも新旧色とりどりの塗装された車両でなんとも魅力的。

あとは長崎チャンポンをお昼に食べていよいよ午後は仕事です!

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ

image
image
image



image
image

三月の秋田に続き、今月は長崎県からの依頼で地方での人材採用や活用に関してのセミナーを明日長崎市のホテルニュー長崎で行います。

目的は長崎県の企業の経営者の方にプロフェッショナルな経験を持つ人材を採用する方法とその効果、効果的な人材活用などです。

地方の企業は概して人材ビジネスにあまり馴染みがなく、素晴らしい人材の価値に気がついていません。

そして一流企業の経験者が採用できるとも思っていません。

また、仮に採用できても、一流企業の出身者を定着させる自信がありません。

その辺りを私の経験でお話しするつもりです。

今年は台風やら地震など、何があるかわからないので、前日の今日、19時の飛行機で向かいます。

写真は私の会社のある浜松町から乗った東京モノレールの可愛い女性運転手さんです。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image

昨年末から執筆していました新刊がいよいよ来月10月の初旬に発売されることになりました。

前作「一流と言われる3%の人がやっている誰でもできる50のこと」は一万部を超えてヒットしました。

今回も同じ明日香出版社からの発売です。

タイトルは「会社に『残れる人』と『捨てられる人』の習慣」です。

明日香出版社のメインのシリーズである習慣シリーズに登場します。

私のビジネスでの様々な経験を全て書いています。

ぜひ、ご期待下さい。

写真は明日香出版社の習慣シリーズです。
どれもベストセラーです。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image



↑このページのトップヘ