猛威をふるっている新型コロナウィルス。何故“コロナ”と言うかといえば、ウィルスの表面にある突起がまるで太陽から出ているコロナのように放射状に見えるからです。

医療従事者でも研究者でもありませんが、私達は予防として何ができるのか素人なりに調べてまとめてみました。

結論は三つです。

1、室内にいる時は、温度を高く、湿度はできれば50%以上にする。

2、外に出るときはマスクをして、眼鏡をかける。さらに写真にある携帯加湿器を使う。この携帯加湿器は通販生活で購入しました。

3、アルコールや石鹸で頻繁に手洗いする。


では、その理由です。

1、ウィルスは、温度と湿度が高いと元気が無くなります。データを添付しました。

2、マスクをしても、実はウィルスの侵入はなかなか防げません。ウィルスは細菌の百分の一以下の大きさで、咳やクシャミで空気中に浮遊している場合もあります。普通のマスクをしても、隙間だらけですから、簡単に呼吸の負圧で侵入します。では、何故マスクが効果があるかというと、自分の呼気で喉と鼻の粘膜を湿らせて、ウィルスや細菌を排出する線毛の働きを活発にしておけるからです。ちなみにマスクはヒモがある方が外側にするのが正解です。眼鏡は花粉対策用の眼鏡がいいと思います。

3、アルコールと石鹸の手洗いは、新型コロナウィルスに効果があることがわかっています。

それは、新型コロナウィルスが、エンベロープ型ウィルスだと判明しているからです。エンベロープ型とは、ウィルスの突起の下にあるウィルス全体を覆っている脂質の膜のことです。ウィルスは蛋白質でできている突起で粘膜に取り付きます。そして、エンベロープが細胞と融合して中に入り込みます。ですから、エンベロープを破壊すれば、細胞の中に侵入できません。脂質からできているので、アルコールや石鹸が有効だと言うことです。

ちなみに、エンベロープ型ではない、ノンエンベロープ型と言われるノロウィルスにはアルコールは効きません。

あらゆる細菌やウィルスに効くのは、仙台のイシイ株式会社が製造販売している次亜塩素酸水、ステリPROです。

その説明も添付しておきます。http://drtakegami.minim.ne.jp/setripro.html

おまけ

身体の免疫力を上げることが病気を防ぐことになりますよね。みんなそれぞれ、対策を取っているでしょう。キリンのプラズマ乳酸菌飲料が気になります。私は、いつも生姜をすりおろして熱を加えてジンゲロールからショウガオールに成分を変化させたものをコーヒーとかココアとかいろいろ入れて食べてます。


今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村
26F3DD52-883C-428D-B970-659F2C8CC1C4

768AD751-C396-40A2-82EB-AC215160E898