私は以前から、振り子の動きのようなことがこの世の中には何かにつけて関係があると考えています。

振り子は右に振れたら、その同じ角度で左にも振れ、徐々に弱くなって行きやがて止まります。ごく当たり前の現象ですが、その法則は人生や世の中、歴史、宇宙にも関係しているように私は思えてなりません。

一日、一週間、一年、そして人生そのものもこの物理的な振り子の動きに関係しているように思えます。
つまり、右に振れたら左にも同じように振れる。
振れ幅が大きい程、戻る力も強い。楽しいことがあれば嫌なこともある。そしてまた楽しいことが続く。

でも嫌なことを嫌って振り子を止めることはできません。人間じっとしていることなどありません。もし、止まったら、それはわかりますよね。

私の考えは、自分で悪い振り子の大きな振れを作らないことはできないか?ということです。

無理をすれば必ず振り子理論の通り、今度は逆に振れて影響はでますが、今の自分の能力では、無理をしないということはできません。

無理を承知でやらざるを得ないことの方が多い。

そうした無理をしているが、その悪影響をあまり出さないことができないか?


コロナウイルスが人類の横暴、無秩序へのしっぺ返しだ、などと人類学者のような事は言いません。

ただ、この災禍の中で無意識で、あるいは甘えて許してきた自分の考えや行動の間違いが、振り子の急激な戻りの力と振れ幅で、今悩みや不安になっているように思えます。

やはり振り子は私の振れていたことを見逃さないのです。


今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村


8D532562-F619-40F1-8405-DD766126D270