管理部門系の社員が、営業部門について「うちの会社の営業はほんとの営業ではない。もっとガツガツ行くべきだ!」などと批判したり、複数の営業部署があるとそれぞれ相手に問題があって会社の業績が悪いなどと責任を押し付けたりする社員がいます。コロナ時代となり、コミュニケーションが少なくなるとこんなことを言いながら、酒を酌み交わすことも無くなったかもしれませんが、経営者から見るとこのような話をする社員には大変問題を感じます。組織のまとまりを無くしてしまうからです。
 若手の場合は浅はかな背伸び感覚としてすぐ注意すれば間違いに気がつきますが、問題は中堅以上の社員の場合です。恐らく注意しても心根を変えることはないでしょう。
 40代、50代でなかなか出世しない社員は、貴方の知らないうちに会社幹部からダメ出しされている可能性があります。
 転職の面接で進んでもなかなか採用まで至らない人は前の会社や社長の悪口をもっともらしく話している可能性があります。
 自分のフラストレーションを他人のせいにするのはほんとに簡単で誰にでもただででき、自己満足感も得られます。しかし、麻薬のようなその考えに早く気づき、自己責任と自立の考えを持たないと人生そのものが貴方にダメ出しします。
 自分の守備範囲を徹底的にやり尽くす、掘り尽くすことを癖にすることが大切です。その姿が他人にも良い影響を与えることができたら、貴方は一流です!

動画も掲載している、海老一宏の公式ブログ「中高年のための転職相談室」にご登録をお願いします!
https://activate55.com/

今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

5E6B2176-E526-43F7-8BAD-1E94A493D692