1995年に60,000カ所あったガソリンスタンド。

車を持つ人には近くに無いと困るお店です。

昔はスタンド同士の競争が厳しく、いつもティッシュボックスや食パンなどのプレゼントがあったのが懐かしいですね。

そのガソリンスタンドは今半減し、26,000カ所となっています。

さらに、実はすごい変化がガソリンスタンドで起きています。

それは、1995年時点ではほとんど無かったセルフ式のガソリンスタンドが今や35%もあるのです。

その数は年々1%以上増えており、おそらく2030年には半分くらいになるかもしれません。

つまり、ガソリンスタンドで働く人が少なくなっています。

給油はなんとか自分でできても、タイヤ交換やタイヤの空気圧のチェックなどに困ります。

ENEOSホールディングスの杉森努会長は日経新聞の記事で、「2040年に石油の需要場半減するとみて再生可能エネルギーの事業化に取り組んでいる」ガソリンスタンドは「地域の電力供給の発電所にしたり、EVの充電スタンドにする」としている。

水素の提供も石油業界として親和性があるとのことで、今後ガソリン車、EV車、FCV車の全てを取り込んだスタンドになると思います。

しかし、地下にガソリンの貯蔵庫が必要の無い電気充電スタンドはコンビニでも普及しています。

今全国にある急速充電スタンドは約8000箇所ですが、おそらく、その半分近くはコンビニだと思われます。


これこら、ガソリンスタンドのライバルはコンビニとなる時代が来ています。



中小企業の社長の相談を承ります。
初回無料ですので、どんな相談でもまずはご連絡ください。
こちらです。
https://shachousitsu.com/

今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村


D0014A86-9BA3-4695-BC40-7BFCD4ECDAE4