世界の感染者は8,500万人になっていて、毎日60万人から70万人増加しています。

このままでは、1月末には1億人になると思われます。

今、世界の人口は77億人です。


1918年ごろにパンデミックとなったスペイン風では、約5億人の感染者が出て、死者は4500万人とも一億人とも言われています。

その頃の世界人口は18億人。

ざっと、世界人口の3人に1人が感染し、感染したら1割以上の人が亡くなった計算になります。

これにより徴兵できる人が少なくなり世界大戦の終結が早まったとも言われています。

日本でも当時の人口5500万人に対し約2380万人が感染、約39万人が死亡したとされています。

すごい感染率です。


さて、今コロナウィルスの変異種が問題になっています。

あたかも人間の弱点を狙って変異を繰り返している知的生命体のようですが、実際には違います。

新型コロナウィルスは人間の体内でコピーを繰り返して増殖しますが、その遺伝情報は約3万文字あり、2週間に一文字の速さでコピーミスをしているそうです。

要は、知的に人間に襲いかかっているのではなく、単にミスがたくさん出てくるので、たまたま怖いウィルスになってしまうということです。


今後日本でも採用されるワクチンが変異種にも効くのかどうか?

もし、効かないとなれば、ワクチンの開発もイタチごっこになるのでしょうか?

世界の、あるいは国内の移動が制限され、人が集まることも制限されています。


ウィルスによる直接の被害とこうした間接的な被害の両方が襲ってきています。

 
もうすぐ感染確認から一年になります。


中小企業の社長の相談を承ります。
初回無料ですので、どんな相談でもまずはご連絡ください。
こちらです。
https://shachousitsu.com/

今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村



98E4324F-5FC9-4362-A394-48B3ABE816FA