資金力が無いと、人材の採用募集のコストが充分に出せず、給与も高く出せないので優秀な人材の採用は見込めません。

とにかく人が足りないので任せたいと言う気持ちが先行した採用になります。

その人材に早くから組織としてある部分を任せると大方失敗します。

採用者の能力も不明で、ベクトルもまだ完全には合ってない状態で仕事を任せると勝手なことをしだしたり、不誠実な仕事をして逆に問題を起こしてしまうことが良くあります。

仕事を探している人の中には最初から不正を目的にしていたり、腰掛け的な入社をしたりする人も実際に驚くほどいます。

面接で見抜こうとしてもそう簡単には行きません。


こういう理由からも創業期はなんでも社長がやっているケースが大変多いのです。

社長が全てのことを知り、そして判断もするのは従って創業期には当然必要になります。

見えないところで貴重な資金を使う訳にはいかないのです。

ごく限られた資金を無駄なく回すバランス力が問われます。


こうして会社が大きくなっていくのがほとんどの中小企業です。

このような経営モデルは当社では五重塔の建築様式に似ていることから「心柱経営モデル」と呼んでいます。

つまり社長が心柱であり、それが無いと会社も事業も支えられません。



次回は、「心柱経営モデル」からの脱皮の必要性をお話しします。


中小企業の社長の相談を承ります。
初回無料ですので、どんな相談でもまずはご連絡ください。
こちらです。
https://shachousitsu.com/

今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村


4F2DE43A-65E6-409A-925D-E40CDAC93717