社長が全ての組織に目配り気配りをすることは会社の拡大とともに難しくなります。

社員10人ともなるとまずはどうしても管理部門で事務を専門に行う人が必要になります。


しかも、その人はできれば責任を持って細かい判断は自分でできるくらいの経験者が望ましいと思います。

管理部長クラスがいれば安心です。



このあたりを目安として、組織表を作ってみることです。


組織表は軍隊から来ていますから、組織表はまさに戦いに向かう陣立てとなります。


ところが多くの会社はこの組織表を作っていません。

その一番の理由は人材不足で組織表がスカスカになり絵に描いた餅になるから書いても意味が無いと判断してしまうからです。


しかし、これが大変重要なのです。

必要な人材がどこに不足しているのかを組織表で把握しておくのです。


不足していないところに人材を追加していくとますます管理に手間がかかり失敗する可能性もあります。



従って組織表を書くタイミングは10人前後かと思います。



中小企業の社長の相談を承ります。
初回無料ですので、どんな相談でもまずはご連絡ください。
こちらです。
https://shachousitsu.com/

今日も一日笑顔で元気に!
アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキング
こちらもぜひ、お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村


0CB7E7E2-844A-4AD1-B79E-27B8D76DB84D