社長ブログ ブログランキングへ

人生と仕事のコンサルタント 【海老一宏】のブログ「活躍し続ける3%のビジネスマンを目指そう!」

このブログはビジネスマンとして人から尊敬され、目標とされる3%の人になるためのブログです。自分の人生を仕事を通して自分で切り開くことの大切さを基本にして、自分をどう見せるか、人や環境や情報をどう上手く利用するかについて、さらに他力的な思考から自力的思考への気持ちの変化を促すように書いています、最終的には「これが自分の仕事だ」「自分の人生だ」と言えるオンリーワンキャリアを手に入れることの大事さと考え方をお話ししたいと思います。基本的なところがおろそかになっていては、一流のビジネスの世界では相手にされません。顔の見えるリアルなビジネスの世界はなんでもありでは通用せず、常識や暗黙のルールが存在しています。そのルールを見につけて、さらに自分なりに変化をさせて自分を高めて行ければと思います。

カテゴリ: 一流人として知ってて得すること

睡眠をたっぷり摂っている人は運動能力も集中力も想像以上に高まる。先日NHKの番組で見た内容は睡眠と日常生活の概念を変えるほどのインパクトがありました。

短時間睡眠で頑張っているようで結局能率が落ちて成果が少ない。疲れが出た仕事帰りに気分転換とばかりに酒を飲んで遊び過ぎてまた疲労を蓄積する。土日にゴロゴロしているのはもったいないからと遊んでさらに疲れがたまる。

栄養ドリンクやサプリメントで体力の回復を試み、マッサージにお金と時間をかける。

こんなごく日常にある悪循環があなたの一生を左右しているのです。

最近の睡眠の研究によると、ほとんどの人は睡眠が全く足りてなく、毎日たった1時間ほど余計に寝るだけで、体力も集中力も大幅に改善し、アルツハイマー型認知症の予防にもなるようです。

今働き方改革が叫ばれて模索が始まっていますが、一人一人の生産性の向上無くしては成り立たないのは明白です。

睡眠をたっぷり取って体力と気力を充実させ、さらに今ある余計な仕事はバッサリと切り捨てる覚悟と、労働時間を半分にすることで今以上の成果を上げることです。そして新たに出来た時間に今まで取り組めなかった前向きで建設的な仕事をする。

これが働き方改革の第一歩です。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
IMG_2338

インフルエンザが大流行しているようです。
今月から来月にかけて私は四国から北海道までの5県からプロ人材戦略の講演を依頼されており、絶対に風邪はひけません。

昨年末風邪を引いたら咳が長引きとても困りました。いろんな薬を飲んだり医者に行ったりしても結局約ひと月体調不良が続き、改めて自己免疫力を意識しました。免疫力が落ちていたら薬をいくら飲んでもなかなか治りません。

免疫力というのはどんな薬よりもはるかに効くのです。

ということで自己免疫力を上げる方法を調べました。

誰でも簡単にできて長続きすること。
それはキムチ納豆を夜食べることです。

では、その効果的な方法をお話ししましょう。

免疫力アップに何が効くかというとキムチの乳酸菌と納豆の納豆菌です。ですからただ食べるのではなく、如何に菌を増やして食べるかが重要です。

キムチと納豆を別別に食べても効果は同じかと思ったら間違いです。キムチの乳酸菌は納豆菌を餌にしてどんどん増えるのです。

さらに爆発的に菌を増やす方法は、食べる直前ではなく、数時間前、少なくとも30分ぐらい前には混ぜ合わせて常温で置いておくのです。これで発酵が進んで菌が増えるのです。

納豆もキムチも買い物をする時はなるべく期限切れに近いものが菌が増えていますから割引のものを買いましょう!

免疫力アップはインフルエンザに有効なだけではありません。ガン細胞にも効くのです。

それだけではありません。

腸が健康になれば様々な効果が期待できます。

風邪を引きやすい方、ガン家系の方、ぜひ美味しいキムチ納豆を続けてみたらいかがでしょうか?
IMG_2477

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ

飛行機や船のギャレーと言えば厨房を意味するのはご存知の方も多いと思いますが、"ヘッド"の意味を知っている方は船乗りの経験者かもしれません。

船で"ヘッド"とは、実はトイレのことです。

今でもアメリカ海軍では使っている言葉です。

では、いったいなぜトイレのことを
ヘッドと言うようになったのでしょうか?

それは帆船時代に遡ります。
帆船の船首は格子のようになっていて、乗員はその格子から用を足していたのです。
船首は一番揺れがひどいので、波が高い時は
できなかったでしょうね。
もしかすると用を足している最中に海に落ちて亡くなった方も歴史上、100人くらいいるかもしれませんね。

日本の豪華客船のトイレは今や温水便座でしょうから、ものすごい変化ですね。

ヘッドはともかく、エアラインを利用する方はギャレーは覚えていて損はないと思います。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image

今月15日(火)まで仙台の丸善アエルギャラリーにて備前焼作家の岡野圭治先生の作陶展が開催されています。44歳とまだ若い先生ですが、丸善丸の内本店では一番人気とのこと。

私は備前には二年ほど住んでいたので少々備前焼は知っており、何点か所有しています。

作品は私の目でも大変素晴らしい数々で作品のジャンルも多彩です。

ここだけの話、割安と感じます。将来人間国宝になれば、、、、
失礼いたしました!

ぜひ、作品をご覧下さい!

酒杯を気に入って買いました。
写真で岡野先生が手に持っているのが、買い求めた酒杯です。

image
image
image


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ

皆さんこんにちは!
陣痛タクシーというのをご存知ですか?

出産だけでなく、検診などにも妊婦さんが一人ででも手軽にお願いできて、タクシー代も後払い可能。出産プレゼントもあったりするそうです。

少子化でニッチなニーズですが、サービス向上や企業イメージ向上に役立つ取り組みだと思います。

今の仕事の周辺にまだまだ宝の山があるかもしれません。それに気がつくのは偶然では無理です。
何が必要でしょうか?
まず、そこから考えてみましょう!
image


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ

皆さんおはようございます。

昨日は文化の日で祝日でした。
明日からの土日と合わせてなんとなく得した気分の週末です。

皆さんはどんな休日の過ごし方をしていますか?

私はリーマンショック後にほとんど休みなく働いた経験から、休みの重要性を肌身に染みています。気分転換ができないので、いつも心が晴れずに気分は上がらず、おまけにデスクワークのし過ぎで頸椎症にまでなってしまいました。

休みは自分のためにも、仕事人なら仕事でベストを尽くすためにもしっかりと休み、英気を養うことが大事だと思います。

私が気をつけているのは、休みにただ精神や肉体を弛緩させて休ませるだけでなく、新しい刺激を受けることで、仕事時間以外で前向きになろうとすることです。

そこで大事なのは、「なんでも身になる」「無駄なことなどない」「転んでもただ起きない」という思考を試すことです。

休みの日でも、家にこもらず外でチャレンジすれば嫌なことも起きます。それを後ろ向きに捉えないことです。

仕事時間以外で精神を鍛えるといったら少しオーバーですが、楽なことをしたり、嫌なことから逃げていても何も進歩はありません。

休みの日こそ、仕事とは違う刺激を求めて外で遊びたいものです。

写真は以前訪れた伊東の木下杢太郎記念館です。

アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image

昨日初めて大井町にある品川区立の品川歴史館を訪問しました。

品川区民でも過去品川区に縁があったわけでもありませんが、約一月ほど前、京浜急行電鉄の中吊り広告で特別展示の「品川産業事始」の写真を見て大変驚き、「これは自分の人生にとって大切な振り返りになる」と思ったからです。

その広告の写真にはなんと私が過去勤務していた会社『品川白煉瓦』の耐火煉瓦がメインに写っていたのです。

実際に展示を見ると、『SHINAGAWA』の刻印のある耐火煉瓦とともに、初めて目にする明治当時の地図に大きな品川白煉瓦の文字が!そしてなんと工場の写真まで!確かに名前の通り品川に「品川白煉瓦」は存在していました。

ここで作られた耐火煉瓦は明治時代の鉄や非鉄、ガラスなど、近代化に必要な素材を造る炉の材料となり、また、皆さんご存知の東京駅の赤煉瓦や後に戸越に運ばれて「戸越銀座」の名前の由来になる本家本元の銀座通りに敷かれていた煉瓦となりました。

私はここに大学卒業から12年間勤務し、今でも懐かしさばかりでなく、諸先輩から教わった品川魂を感じ、それをベースに本を執筆しています。

まさに私のビジネス精神の生みの親のような存在です。

秋晴れの爽やかな空気の日曜日、一人訪問した品川歴史館。

私の心にも晴れやかな気持ちとともにどこか懐かしく少し秋の寂しさも感じる時間となりました。

写真は館員の方に頼んで記念撮影です。指先に写ってるのが品川白煉瓦製の耐火煉瓦です。


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image

2013年の4月より、65歳までの雇用延長がすでに義務化されています。これは、定年制の廃止、定年後の再雇用、定年の延長のいずれかを企業が選択して制度化することになります。実際には経過措置が決められており、雇用者の完全な65歳雇用義務化は2025年の4月からとなり、現時点では62歳が義務化されています。

こうした中で大企業の中でいよいよ65歳を定年とする企業が出てきました。

例えば、ホンダやみずほFGなどがニュースになっています。

2012年の法改正では、「雇用延長を希望する者」となっているために、恐らく65歳定年制の企業も希望しない者は60歳で定年を迎えることも可能な制度になっているものと思われます。

企業と個人にとってこの65歳の定年制はどう影響していくのでしょうか?

今後の企業の取り組みを注意してみていく必要があります。

何故なら、これは単に雇用や年金問題だけでなく、企業の人事制度や生産性、そして個人の人生や日本人の文化、生活にも影響していくからです。

少子高齢化の日本にプラスになることを期待したいものです。


アクティベイト株式会社
代表取締役社長 海老一宏

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへimage

伊豆半島の東にある伊東市は、熱海に次ぐ温泉街として有名です。その街はこじんまりとしているものの、いわゆる温泉街とは違い、商店街もそこそこ賑やかで町としての景観も合わさった観光地の風情があり、なかなか情緒があるいい街だと私は思っています。

この街を散策すると海に近い街並みにひときわ威厳のある黒い木造建築の古い商家がひっそりと建っていることに気がつきます。

これは、明治に生まれ、大正、昭和と激動の時代を生きた偉人、太田正雄の生家です。

太田正雄は本名で、一般には『木下杢太郎』と言うペンネームで有名です。したがってこの建物は現在『木下杢太郎記念館』として保存されています。

太田正雄は、ハンセン病などの研究をした医師であり、死の床まで書き続けた日本画の画家であり、詩人、劇作家、翻訳家などで大正から昭和初期に北原白秋や与謝野鉄幹、石川啄木、森鷗外らと交流した芸術家でもありました。

彼の残した作品や医学会における功績は素晴らしいもので全てにおいて一流を極めた才能はまさに偉人と称するに値します。

恐らくは大変真面目な努力家だったと思われますが、記念館の展示物を見るとその創作意欲の旺盛さに驚きます。いったい医師、大学教授を本業にしながら、いつ作品を書いたのかと不思議でなりません。

現在ではそれほど有名ではありませんが、なぜか私はこの記念館の存在を知った時から太田正雄はとても気になる存在に思っていましたが、調べて見るとなんと、昭和五年頃に東北大学の教授として仙台に赴任していた時の住まいが私の実家と目と鼻の先だったのです。

記念館の窓口の女性に「太田正雄の子孫の方はいるのですか?」と尋ねてみると、まだ娘が三人90代でお元気だとのことです。それを聞きなんだか少し嬉しく思いました。

記念館をあとにして、いつか偉人は忘れられ、才能が眠りにつくことに全ての人間の生と死を思わざるを得ませんでした。

伊東温泉を訪ねたらぜひ『木下杢太郎記念館』を訪ねてみてはいかがでしょうか?自分とは何か?短い期間でも誰かの記憶に何を残せるのか?それを考えさせられます。


アクティベイト株式会社

代表取締役社長 海老一宏
image

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ

2000年にリコール隠しが発覚し、三菱自動車のディーラーからお客様が消えたことを覚えているでしょうか?

さらにその後の2004年にもリコール隠しがまた発覚し、三菱自動車への信頼は地に堕ち経営の危機を招きました。恐らく多くの方は忘れてないと思います。

この時、何も責任がない販売店では何が起きていたかご存知でしょうか?

客足は途絶え、たまに来るユーザーからはお叱りに激励。業績不振で退職者は続出。残された社員でなんとか三菱の信頼を少しでも上げようと販売店では、来場者にコーヒーにケーキまで振る舞いました。

その後も新型車種が出るどころか、人気車種の生産中止などでまだまだ苦しい中で決定的な不正が発覚しました。

軽自動車以外にも不正の可能性があり、今度こそ間違いなく経営は行き詰まります。

そもそも欲しい車が見当たらない自動車メーカーが生きて行けるはずはありません。

この原因は、経営体質にあります。三菱自動車の経営陣は現社長こそ三菱自動車の生え抜きですが、実態は三菱御三家と呼ばれる、三菱銀行、三菱商事、三菱重工業などの影響が大きいといいます。車の魅力を重視せず経営数字のみ追い求めた本末転倒の経営が招いた結果だと三菱自動車社員は考えているはずです。

日本の製造業の代表である自動車関連でエアバッグのタカタに続く不祥事で信頼を大きく損ないました。

この責任は重大です。

免震ゴムや杭打ちデータ改ざん、東芝の不正経理など歴史ある大企業がとんでもない状態になっています。

現場軽視の経営者に私はかねてから怒りを覚えています。エリートが招いた大問題の責任を厳しく追及する必要があります。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。ブログランキングの上位表示にぜひ協力お願いします。バナーをクリックして下さいね。このバナーです!

社長ブログランキングへ
image

↑このページのトップヘ